トピック
絵日記
作品集
リンク
掲示板
プロフィール
ご依頼
 
このサイトはリンクフリーです。
以下のバナーをご利用ください。
トピック 絵日記 作品集 リンク 掲示板 プロフィール ご依頼 イラストレーション

サトウヒロシプロフィール

サトウヒロシ

  • 本名:佐藤 寛(さとう ひろし)
  • 職業:イラストレーター・グラフィックデザイナー
  • 生年月日:1978年2月6日
  • 所属:フリーランス
  • 生息地:京都
  • 制作内容:人物・キャラクターイラストレーションを中心にチラシ・パンフ・ポスター・パッケージ・DM・webデザイン・ブックデザイン・装丁等を手がける。
  • 過去日記01はこちらへ
  • 過去日記02はこちらへ。
  • 主な取引先
    ・ノバルティスファーマ株式会社(学会パンフ制作)
    ・小林製薬株式会社(サラサーティウェブサイトイメージイラストレーション)
    ・日本新薬株式会社(学会パンフ/チラシ/その他販売促進製品)
    ・双葉社(書籍装丁用イラストレーション制作)
    ・日本ランゲルハンス細胞組織球症研究(ウェブサイト制作)
    ・株式会社アロンジェ(ウェブサイト用イラストレーション制作)
    ・富士通アプリコ株式会社(FOMA取り扱い説明書用イラストレーション)
    ・京都リサーチパーク(イベントポスター制作)
    ・株式会社エクザム(ウェブサイト用イラストレーション制作)
    ・株式会社木下(DM/展示用イラストレーション制作)
    ・出町商店街(イベントポスター/チラシ/T-シャツデザイン・イラストレーション制作)
    ・パシオ有限会社(イベントポスター/チラシ/新聞広告デザイン・イラストレーション制作)
    ・ 株式会社中野伊助(雑誌広告/ウェブサイトデザイン・イラストレーション制作)
    ・M&D Lab.医薬情報資料研究所(書籍デザインを主にアートディレクション全般)

●CONCEPT(制作理念)

 イラストの善し悪しとは何で決めるのか。この答えはひとつしかない。「効果があるかないか」である。見るものに何も影響を与えないイラストなどまったく価値がない。ウマイかヘタか、美しいか美しくないか、かわいいか不細工か、制作時間の長さ、それらはイラストを評価する上では全く意味のないものなのであり、逆に「効果」があるのであれば、絵柄は問われない。それがイラストというものだ。

  ではイラストレーターの善し悪しは何で決めるのか。これも答えはひとつである。「効果をだせるかだせないか」であろう。顧客満足度を高める、話題性がある、オリジナリティ・ブランド性を高める、機能性がある、売上げを伸ばす等様々な効果が考えられるが、それらを理解した上で絵柄を提案し納期内に実現できるかどうかで、イラストレーターの評価が決まると言っても良い。

 私は、狙うべき効果によって絵柄を変えるタイプのイラストレーターである。これまで描いた絵柄の引出しから選ぶこともあれば、新たに絵柄を創りだすこともある。単に絵を描くことは誰にでもできるが、適切なイラストを考えて提案し描くことはイラストレーターにしかできないことであろう。

 本サイトに掲載したイラストレーションは、こういった理念の元に制作されたものである。使用目的、媒体、ターゲット層等によって、それぞれに合う形で描かせて頂いた仕事の一部だ。これらが私のタッチ見本としてではなく、制作姿勢を理解していただく為の資料となることができれば幸いである。