【四季】シリーズ

●2003年
●作品コンセプト:一年を春夏秋冬に分け、それぞれをモチーフとしたシリーズ。テーマ的には[季節]シリーズとかぶりますが、[四季]シリーズは月行事等にこだわらず、漠然と広がる季節感に重きをおいています。
●[季節]シリーズでは描ききれなかったものを、このシリーズで描きました。その動機というのは、「月」ごとに感じられる季節感と「春夏秋冬」から感じられる季節感に違いがあるから、ということに途中で気づいたからです。[季節]と[四季]にはお互いに共有できるモチーフと共有できないモチーフがあるのですね。例えば、桜、花火、紅葉、雪等は共有できますが、同じ桜でも入学式や卒業式は無理、紅葉もモミジと読めば厳しいし、旅行とかは秋のイメージだけど「月ごと」の枠組みには入れにくい、などお互いにいざ描くとなると、しっくりこないテーマがあるのです。
●[季節2]と[四季]はいずれもカレンダーを意識して描いたものです。それだけに、月が変わり、カレンダーをめくったときに感じる新鮮さや驚きを考えてテーマを選ばなければなりません。12枚ものと4枚もののカレンダーでは全く違う仕掛けを考えなければいけないのですね。つきつめていくと、色々な発見があるものです。


【ある春の日】

【ある夏の日】

【ある秋の日】

【ある冬の日】
 


●シリーズリスト:

【姿】/【音無】/【映り顔】/【四季】/【季節】/【季節2】
【色】/【干支園】/【ヒトヒト】/【草花】/【星旅】/

Copyright (C)2000-2005 Hiroshi Sato/Allonge,Inc. All rights reserved.