サトウヒロシの日記 2004年9月 
好きなこと書けたらいいなぁ。でも一応非公式。トップページでの更新告知はしません。不定期更新です(メインコンテンツよりは頻度高)。気が向いた時だけ書きます。最近事実ばかり書いてますが、事実だけを書くとは限りません。中身が面白いとは限りません。それでも読みたいという方だけ読んでください。感想メールください。
日記のTOPへ戻る

2004.9.30

●…これは、なんだろう?
























答え:スーパーパンダパフェ
●いや、あるメルマガで紹介されていたんです。東京の、とあるカフェのメニューなのだそうですが…。


2004.9.28

●密かに建築物のイラスト制作がマイブーム。パースを取ったり、トレースをしたりと手間ひまかかるけど、線の取捨選択・ベタの面積配分のさじ加減で勝負ができて面白い。馴れてしまえば意外と時間もかからないかも。


2004.9.25

M&D Lab.本店のコラム記事も今宿先生・藤田先生共に第4回まで公開され、サイトも大分充実してきたように思う。トップイラストは今回少しばかり趣向を変え、先生の似顔絵ではなく、子供に焦点をあててみたが、大正解。この仕事がやっと面白くなってきた。


2004.9.23

●ついに江口寿志さんの最新イラスト集『素顔〜美少女のいる風景 』が発売された!!たしか5月ごろから予約していて(当初は7月に発売予定だった)、本日到着。感無量!今後1年間はこのイラスト集が私のエネルギーになる予感。ああ、なんてワクワクする絵を描くのだろうこのヒトは!!画材をカラートーンからコピックへ変えたのは大正解。くすぶっていた画力が解放された感じです。格好いいなぁ。もう40代も後半だというのに絵を描く姿勢が若い!本当に尊敬します。


2004.9.22

●私がミジンコなみに小さかったころから、じいちゃんはじいちゃんで、私が26になってもそれは変わらなかったから、じいちゃんがいなくなって初めて、じいちゃんも歳をとっていたことに気付いた。

この前私が描いたじいちゃんの肖像画、「遺影になるかもね」と、冗談で言っていたことが真実になった。絵に描いたじいちゃんは、ミジンコな私と一緒に写っていた写真をモデルにしたもので、私の中のじいちゃんは今もその頃のじいちゃんだ。

今日、家に帰ると母は少し落ち込んでいた。「90過ぎまで生きたんだから大往生だよ」と母に言ってはみたものの、私は仮に父母が90過ぎまで生きたからといって「大往生」と言い切る自信はまったくない。それでも母は「そうよね」と答えた。

絵の中のじいちゃんはまだ70代。そして、もう歳をとることはない。


2004.9.20

●世間一般は祝日のようだね。どうりで車が混んでいると思った。

●日記を整理した。といっても月別に分けただけだが。

●最近、気になっている漫画といえば、現在、週刊少年サンデーで連載している『結界師』。一見平凡な絵柄にだまされてはいけない。あの力加減で絵を描くにはそうとう高い技術力が必要とされるのだ。作者の田辺イエロウさんは、メッセージを表現するのに最低限の描きこみしかしない作家さんなのだね。まだお読みになっていない方、是非一読を。


2004.9.17

●ぼちぼちこの日記も月別に整理しようかな。

●週刊少年サンデーで連載していた『勝手に改造』の最終刊が発売。蛇足の漫画が14ページ追加されているというので購入。「ギャグ漫画家は精神を削りながら描き続ける」と以前江口寿志さんが言っていたが、彼は本当に精神を削って描き続けていたようだ。15巻が打ち切りのきっかけとなった単行本だそうだ。どの話がそうだったのだろうか?ご存じの方、情報求む。2ちゃんに載ってそうだがなぁ。


2004.9.16

●ギフト・ショーも終わり、日常に復帰しつつある今日この頃。出張中に誰かが私の仕事をしてくれているわけではないので、しっかりとしわ寄せがきている。

眠いよー。


2004.9.08

●昨日より始まった東京ギフト・ショーはどんな感じであろうか?そして私は、今晩東京に向けて出発(貧乏なので夜行バス)するのだが、気掛かりなのは台風19号。でかかった18号にくらべてインパクトが薄いわけだが、問題はそのコースにある。
なんだなんだ?
まさか東京直撃か!?
ん?
まさかバス動かないなんてことにならないだろうなぁ?

西院ミュージックフェスティバルを含めて、今年は台風に振り回されることが多い。
衛星写真を見るとまったくその存在が見えないゴースト台風。渦巻きの雲が無くても台風。まさに風のみ。

お願いだから私の邪魔をしないでください。頼みますよ。

●ハリーポッターの新刊を読んでいる。だんだんディープになるこの物語。そろそろお子さまが読むには辛いお話になってきたね。


2004.9.04

●WONDA モーニングショットを買ったら、所さんが当たった。

できれば口は開けて欲しいと思った。


2004.9.03

●なんとかサイト更新するまで精神状態をこぎつけた本日。

●KRP(京都リサーチパーク)とは、我がM&D Lab.の事務書が入っている施設のことだ。施設内は会議室、イベントホールに始まり、スポーツジムやコンビニ、そしてバーまでひと通りそろっている。道を1本隔てれば、そこには京都中央市場があり、このあたりの人口は意外と多いのではないかと考えられる。

KRPの付近はスターバックス105円回転寿司「あきんど」等、飲食店もそこそこそろっており、中でもラーメン「日本一」はとてもユニークなお店だと思う。

「日本一」は一見普通のラーメン屋さん。こってり味のラーメン(並)は600円。ランチタイムは800円前後でライスと一品(あげ餃子や唐揚げ)がセットで注文できる。味もそこそこなので常連客もわりかし多い。

この店には、何故か「いくら丼」がある。ラーメン屋さんのサブメニューと侮ってはいけない。ここのいくらはホンモノだ、しかもケチ臭くない。セットもある。いくら丼セット(900円)。こってりラーメンに中ライス、そしてライスの上にはいくらがどっさり

気前がいいのか、何も考えていないのか、とにかく塩分過多。この食べ合わせは生活習慣病の方は控えた方が良い。注文するならどちらか単品がお勧めである。


2004.9.01

●日記は継続してこそ意味がある、ということもあり自分としては頑張っていたのだが、ここのところM&D Lab.本店のサイト更新が激しく、本音を言えばweb制作から少しでも距離を置きたかったので、なかば意図的に更新から逃げていた。

今朝方、現在ニューヨーク在住の兄よりメールをもらう。「最近更新してないね。休み?」と本旨とは別にウチのサイトについて一言触れられていた。

モノ作りをしていると、たまに考え方が閉鎖的になることがある。沢山の人達に観てもらえるように作っているのに、何故か誰にも観てもらえていないような錯覚におそわれるのだ。

たった一行だけど、ありがたかった一言。自分の存在を確認できたよ。
ありがとう>兄へ

9月になったし、これからイベントもまた増えるし、本作りもしなきゃいけないし。また気合い入れ直して頑張ろうかな。