サトウヒロシの日記 2004年8月 
好きなこと書けたらいいなぁ。でも一応非公式。トップページでの更新告知はしません。不定期更新です(メインコンテンツよりは頻度高)。気が向いた時だけ書きます。最近事実ばかり書いてますが、事実だけを書くとは限りません。中身が面白いとは限りません。それでも読みたいという方だけ読んでください。感想メールください。
日記のTOPへ戻る

2004.8.17

●[モグラたたき]とは、穴からランダムに頭をだすモグラを叩くゲームのことだ。しかし、あのゲーム、一見モグラはプレイヤーから逃げているように見えるが、実は逆である。本当はプレイヤーに叩いてほしくてピョコピョコと顔を出しているのだ。本当に逃げたければ初めから出てこなければよい。

イラストやデザイン、そして編集のお仕事というのは、本当に表にでてこない仕事が多い。編集はまだしも、イラストやデザインなどは一見[表]の仕事にしか見えないのだが、それらをひとつ[表]に出すためには並々ならぬ準備が必要なのである。しかし準備のわりに出てきた作品の寿命は短い。そしてこちらが思っている以上に影が薄い。

つまりタイミングとポジショニングが大切なのだ。プレイヤーのストライクゾーンにベストなタイミングで[表]にでるために、私たちは仕事をしているといっても過言ではなかろう。たとえベストなポジションを獲得できても、不慮のアクシデント等で叩いてもらないことだってある。地味なわりにリスキーな職種とつくづく思う。

夜型・ヒキコモリ・太陽に憧れる私。
地下に住む小動物にシンパシーを感じつつあるのは、昨晩[五山の送り火]を見逃したからというわけでは決してない。


2004.8.12

●お盆だというのに、事務所にカンヅメを決め込んでいる私。
もちろん「
忙しいから」というのが理由ではない。

外界の自由に憧れる檻の中の動物に、身の程を知らしめているのだ。

ほら、とっとと働け。終わったら外にでてもいいから。


2004.8.11

●日曜日に旧友達と海へいった。本格的にイラストを描き始めてから初めての海水浴。7、8年ぶりになるだろうか?20代の遊び盛りに、私は部屋に引きこもって絵ばかり描いていた。スキー、ボード、海水浴、海外旅行等、同年代の友人達が青春を謳歌しているときに、脇目も振らずに絵描き三昧。当時は、それが「しょうがないことだ」と考え、羨ましいとは思わなかった。私自身、それなりに充実していたとも思っていた。

しかし、しかしだ。やはりそれは違う。
海はイイ!!
あの広い空。そして開放感!
こんなにも気持ちの良いものだったとは!!!!

友人たちよ。誘ってくれてありがとう。
どうやら引きこもりにも太陽は必要だったようだ。
これからもよろしく。


2004.8.5

●一週間ぶりの日記だ。イベント終了と共にたまっていた仕事を、片っ端から片付けようとしたら、始めたそばからトラブルに見舞われ、何一つ片付いていないのが今この瞬間。まぁ、なんとかなるだろ。あはは。

そういえば明日8/6より、第6期居酒屋安加郎作品が展示開始だ。季節2をベースに12作品が展示される。展示が開始され次第、当サイトにて紹介する。乞うご期待!