サトウヒロシの日記 2004年7月 
好きなこと書けたらいいなぁ。でも一応非公式。トップページでの更新告知はしません。不定期更新です(メインコンテンツよりは頻度高)。気が向いた時だけ書きます。最近事実ばかり書いてますが、事実だけを書くとは限りません。中身が面白いとは限りません。それでも読みたいという方だけ読んでください。感想メールください。
日記のTOPへ戻る

2004.7.29

●M&D Lab.本店のアップも終わり、西院ミュージックフェスティバルの準備も一応完了。終わってみれば、新作も含めて相当充実した商品ラインナップとなった。後は、台風が京都に近づかないことを祈るだけだ。


2004.7.27

●どうにかこうにか、M&D Lab.本店のリニューアルも終わり、現在校正中である。
今日中にはアップできるのではなかろうか?

●今週号のジャンプはなかなか面白かった。最近冨樫さん(HUNTER×HUNTER)の描写が少年誌に不向きになってきたのか、自主規制が入り始めた。確かに、感情移入なんぞしようものなら、気分が悪くなるくらい[変態]の描写がうまい。

●2ちゃんねるのHUNTER×HUNTER板を覗いてみると、最近のジャンプではどうやらDEATH NOTEとHUNTER×HUNTERが人気があり、よくよく比較されているようだ。そして絵も物語にも手抜きの見られないDEATH NOTEは、もはやHUNTER×HUNTERを凌いでいる、とかなんとか。

面白い漫画の数は多ければ多いほどよいので、両漫画とも長続きしてほしいものである。黒猫が終わったので、ようやくほっとしている今日このごろ。


2004.7.24

●本日シルクスクリーンで2004サトウヒロシT-シャツ第1弾を刷った。無事フェスタでの販売分は完成。ということで、明日、柄を発表することに。

今日は無理。…眠いし。


2004.7.23

●朝からM&D Lab.本店のWEB企画の制作をしている。検討した結果、その新企画は現サイトのデザインでは収まらないことがわかった。

つまり、ほぼリニューアルとなる。

えー、と。マジですか?

オープンしてまだ2ヶ月そこそこ…。
このありえない展開に私涙がでてまいりました。

でも、この企画を立ち上げたのは、私。
サイトを作るのも、私。
現サイトを作ったのも、私。

やっぱり自業自得なのだろうか?

これからは、もう少し先を考えて行動しようと思った。切に。


2004.7.21

ほぼ一日おきに事務所宿泊。やっぱ微妙に寝不足気味。


2004.7.20

西院ミュージックフェスティバルにて発売予定のTシャツのデザインが仕上がった。柄のバリエーションは【蛙】【金魚】【猫】の3点。色、配置などはこれから詰めていくことになる。


2004.7.19

3連休もつかの間。というか日曜日だけだな、休めたの。一日中寝てただけだが。

M&D Lab.の新企画も大詰め。材料と広告が完了したので、あとは本編を組み上げるダケ!うまく行けば今週中にスタートできるかな。

●以前、アトリエみかん箱に在籍したT氏と会話。苦境を共にした当時の名残で、すぐに新しい企画の話に花が咲く。
次に君が戻って来るときには、太い柱を用意しておこう。
ちょっとやそっとの風では倒れないような。
また一緒に冒険できるといいな。ホントに。
未来は膨らむばかりだ。

というわけで、とりあえず公務員試験頑張れよ。3度目の正直!(笑)


2004.7.17

●11:30am。ようやくアップにこぎつけた。ギャラリーWORKSついにオープンしたさ。2週間ほったらかしにしていると、さすがにサイトがかわいそうになってくるので、ほっと一安心。今後はまた更新ペースをあげていくので、よろしゅうお願いもうしあげます。

07:00am。さすが週末&祇園祭宵山…しーんとしてたよ…事務所。こんな日に事務所宿泊した私はきっと仕事好きなんだ。…で、現在ギャラリーのWORKSページを作ってる。まだできてないけどね。材料用意して、組み上げる前にノックアウト。あははは。なんか報われないなぁ、最近。そしてきっと未来も。


三連休?未知の文化だ。アーユージャパニーズ?ミー?イエースアイアーム。


2004.7.16

京極夏彦さんの新刊『百器徒然袋−風』(講談社ノベルス)、現在中盤戦。中編が3編掲載されているのだが、二つ目のお話は、トムクルーズのマイノリティーリポート。小説にするとこんな感じになるのか。

●昨晩は祇園祭宵々山。最寄り駅の阪急大宮ではバスターミナルにてイベントが開催されていた。遠目に浴衣ギャル多数発見。癒されんが為、素敵ギャルを探索しにお祭りの渦中へ向かうが、漂うアルコール臭に気分が悪くなった。まさか返り討ちにあうとは…。トホホ。


2004.7.14

いつの間にか7月も半分。本日より祇園祭宵山が始まる。去年も参加してないし、今年も予定がない。そういえば、花火も行ってないな、ここ数年。このままではいろんな意味でひからびたヒトになってしまいそうなので、少しくらい祭を観に行こうかな。遠くから浴衣のギャルを眺めるくらい、許されてもいいはずだ。よし、行こう!

独りだけどな。はっは!


2004.7.12

今週は日曜日もお仕事!!…と気合いを入れていたはずが、気づけば月曜日。そして更新ままならず…と。選挙にもいけなかったし。駄目な大人の見本のようだ。

●山のようにたまった仕事を前に、「さて、どうしようか?」と途方にくれて、
とりあえず日記などかいて、状況の整理と現実逃避。


2004.7.10

引き続きコンテンツの更新はできず…。ホントいましばらくの辛抱を…(苦)

●友人に会いに大阪へ。道すがら『MAIL』山崎峰水(角川書店)を読んだ。純粋な今時のホラー漫画。ストーリーもオーソドックスなのだが…超怖!!
まじびびった!私が油断していたからかと思い、もう一度読み返したが、やっぱり怖い。もともと日本はホラーがうまい国とは思っていたのだが、漫画でホントに怖いのは初めて。絶妙。どうやら実写化が決まっているようだが、実は人気のある漫画なのだろうか?


出町商店街の七夕祭りに行ってきた。今年の出町オリジナルTシャツは私がデザインを担当させていただいたので、商店街中に私のイラストがはびこっていた(嬉)。こういうときにイラストレーターやっててよかったと思う。残念ながら販売はされていなかったが、もしかすると秋にもう一度生産する可能性があるそうだ。

出町七夕祭りは梅雨時のイベントなので、毎年雨の中強行されているのだが、今年は天気にも恵まれ例年以上に盛り上がりを見せていた。出店はもちろん、お化け屋敷、その場で作るオリジナルプリクラ・缶バッジなど、商店街がプロデュースした個性たっぷりのイベントが盛りだくさん!ローカルイベントとは思えないくらい、活気があるので、この日記を読んだ方は是非一度足を運んでみてほしい。2日間あるこのイベントは、本日(7/10)が最終日

あっ!出町のサイトでイベントの模様が動画で配信されてる!すごい!!

個人的なお勧めポイントは、お化け屋敷の看板。聞くところによると、YAOMONのマスターが10年くらい前に描いたものなのだそうだが、今見ると抜群にシュールである。ドラクエ3の勇者謎のおばけクレヨンしんちゃんが混在している。ある意味お化け屋敷の中身よりお客の感性を刺激するだろう。必見の一品!是非写真におさめてもらいたい。そして私に送ってくれると嬉しい(デジカメを忘れたので撮影ができなかった。人間失格>私)

西院ミュージックフェスティバルのポスターをもらいにSALVAGEへ。実行委員さん達とは、もうけっこう長いつきあいなのに、初めていった。近所にこんな良いバーがあるとは知らず、ポスターをもらいに行っただけなのについつい2時間も居座る。あまりに楽しかったので、つい調子に乗って言いたい事言うだけ言って、しかもそのまま帰ってきた。きっと私の株価大暴落…。佐藤さん、松尾さん、こんな私ですが今後もよろしくお願いいたします。ホント反省してます。


2004.7.9

●日記を除けば、このサイトの更新が止まっているのは事実であるが、西院ミュージックフェスティバルを控えている今、ちょっと余裕がない。フェスティバルをきっかけに、この夏に向けて様々なプロジェクトが同時進行しているのである。今しばらくお待ちくだされ…。

京極夏彦さんの新刊『百器徒然袋−風』(講談社ノベルス)が出ていたので購入。正直に言えば、前作『陰摩羅鬼の瑕』が煮え切らない作品だったので、購入を見合わせようと考えていた。しかし、それでも買ってしまうのがファンというもの。

私が18、9歳の頃(1996年前後)、新本格ミステリーブームが到来。私も便乗して手当たり次第ミステリーを読みあさっていた。中でも京極夏彦さんの作品は、それまでの価値観がひっくりかえるような驚きと感動を与えてくれた。先日、装丁の辰巳四郎氏が亡くなった。彼の装丁がなければ、私はミステリーにはまることはなかったであろう。

最近新しい作家の小説を読むことがなくなってきた。読む時間がないというのも一部事実ではあるが、面白いかどうかもわからない小説に貴重なお金と時間を割くエネルギーが無くなってきているのだ。特に小説は、読んでみるまで中身がわからない

これまでは装丁で選ぶ事もあったが、最近のノベルスは、何故か美少女アニメ調のものが多い。とてもじゃないが、本文の魅力を反映した装丁とは思えない。当然購買意欲も薄れるというものだ。

京極夏彦さんの新作は、まだ序盤だがなかなか面白い。この時点で買ってよかったと思っている。もっと沢山小説を読みたいと思っているのだが、誰の作品を読めばいいのかわからない。誰かお勧めの作家がいたら教えてください。あの、価値観がひっくり返るような感覚…また体感したいな。


2004.7.7

●いざ企画展の作品を描き始めると、せっかくだから今まで描いたことのないタッチで描きたい、と考えるようになる。元来飽きっぽい私の性格がそうさせるのかもしれない。おかげで昨晩描いたものはボツ。ある意味クライアントがいない作品の方が厳しい物だ。時間ないのに…。

●週刊少年サンデーに『みどりの日々』という漫画が連載されている。最近アニメ化されたようだが、漫画の方は来週で最終回となるそうだ。内容はよくあるラブコメ。変にひねくれていない、素直な物語。コミックスを買うほどではないが、週刊誌に1つは欲しいテイストの作品である。いつもは流して読んでいたのだが、不覚にも今週の話には感動してしまった。どんな漫画もクライマックスはあなどれない。高校生の純愛。若いっていいな。おじさんになってきたなぁ、私。

最近『モンキーターン』が気になる…。ヒロインの取り扱い注意!!


2004.7.6

●結果的にだが、毎日イラストを描いてる。しかも仕上げまで。一日一枚以上のペースだ。この調子だ。頑張れ、私。

●プロフィールの似顔絵だが、またも「似てない」とのメールが旧友からきた。私も似てないとは思うのだが、「似てる」とおっしゃる方々も少なくない。気が向いたらまた変更するから、またご意見ください。

●企画展の作品つくらねば。これから。


2004.7.5

●T&Pにてフリーペーパーの打ち合せ。初回配布は西院ミュージックフェスティバルになる予定。当初は表紙のみの描き下ろしだったが、追加でT&Pの記事にもカットが入った。反応が楽しみである。
●今年は、試験的にシルクスクリーンでT-シャツを制作することが決定した。夏・秋のイベントと、東京ギフトショーを対象にしている。


2004.7.1

●もう7月か。6月中に終わらせておきたかった仕事が、半分くらいしかあがってない。思っていた以上に今年の夏は忙しくなりそうだ。コピーロボットが欲しい、本気で。この仕事…誰にも手伝ってもらえないのが辛いトコロ。

株式会社T&Pさんの協力により、この夏、私のポートフォリオを兼ねたフリーペーパーが発行されることになった。なんとA4版・4Pのフルカラーという贅沢な作りだ。もしかすると不定期だが数回発行することになるかもしれない。内容は、既に本サイトにて掲載されているものが中心(あくまでポートフォリオが中心記事)なので、ここの読者にとっては新鮮味が少ないかもしれないが、表紙等は描き下ろしなので、もし興味のある方は、この夏のアトリエみかん箱が参加するイベントや、まだ未定だがフリーペーパー設置店等(決定次第当サイトで公開)で是非ゲットしてほしい。美大・芸大生向けの耳よりな情報も掲載される予定だ。価格はもちろん0円。さすが只紙。